スポンサーリンク

不思議に温かな青春小説「カレーライスの唄」著・阿川弘之

阿川弘之の小説「カレーライスの唄」を読みました。僕は阿川弘之さんの著書は読んだことがありませんでしたが、書店で並ぶ背表紙の中に、何とも可愛らしいタイトルを見つけて、ジャケ買いならぬ、タイトル買いをしてみました。そしてこれが、何とも大...

[レビュー] もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。 著:松浦弥太郎

「もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。」を読みました。この本は、「暮しの手帖」の編集長から、2015年に「クックパッド」の社員へ転身した、エッセイストの松浦弥太郎さんの著書です。 松浦さんの経歴を簡単に説明...

中島らもの青春時代エッセイ集「僕に踏まれた町と僕が踏まれた町」

中島らもの「僕に踏まれた町と僕が踏まれた町」を読みました。この本は、作家である中島らもの学生時代についてのエッセイをまとめた作品で、これがべらぼうに面白いんですよ。 僕は中学時代にこの本と出会って、その後何十回も読み返しました...

ポジティブの伝道師、マック赤坂の 何度踏みつけられても「最後に笑う人」になる 88の絶対法則

【何度踏みつけられても「最後に笑う人」になる88の絶対法則】を読みました。著者はマック赤坂、ご存じの方も多いと思います。東京都知事選や大阪市長選に出馬しては、政権放送で「10度20度30度!」とスマイルしていた愉快なおじさんです。 ...

吉本ばななのブルーハーツインタビュー集「僕の話を聞いてくれ ザ・ブルーハーツ I LOVE」

昨日「ドブネズミの詩」を読んだ勢いで、本棚からもう一冊ブルーハーツ関連の本を引っ張り出して、久々に読んでみました。「僕の話を聞いてくれ ザ・ブルーハーツ I LOVE」です。 この本が発売されたのは1989年で、3rdアルバム...

強く生きていく力をもらえる、ザ・ブルーハーツの語録「ドブネズミの詩」

久々に、ザ・ブルーハーツの語録「ドブネズミの詩」を読みました。この本は、1988年に発売され、それまでのブルーハーツの歌詞やインタビュー、ライブでのMCなどが、語録形式に収録されたものです。 初期のブルーハーツと言えば、青春の...

[レビュー]プラス月5万円で暮らしを楽にする 超かんたんアフィリエイト 著:鈴木利典

「プラス月5万円で暮らしを楽にする 超かんたんアフィリエイト」を読みました。まず、タイトル長いですね(笑) この本は「鈴木です。」という日本一覚えやすい名前のブログを運営している、鈴木利典さんの著書です。鈴木さんは、ブログを使...

[レビュー]ブログ飯 個性を収入に変える生き方 著:染谷昌利

久々に「ブログ飯」を読みました。僕はブログを運営する上で、この本を何回も読み返しているんですが、超良書なんで、ご紹介させてください。 と言っても、そもそもブログ飯って何のこっちゃ!って方のために説明しますと、この本の著者染谷昌...

「悪党諸君」 永六輔 刑務所慰問公演集

2016年7月7日、永六輔(えいろくすけ)さんが83歳で亡くなられました。永六輔といえば、戦後、草創期のテレビ、ラジオ等の放送関係、作詞、文筆業など、様々な分野で活躍した、今で言うマルチタレントですね。有名なところで行くと、「上を向...
スポンサーリンク