初代ウォークマンTPS-L2デザインの「NW-A100TPS」が可愛すぎる!

いやあ、2019年はSONYのウォークマン誕生の40周年記念イヤーだったんですね。しばらく気を抜いている内に、そんなメモリアルな期間に突入しているとは、月日はあっという間に流れますナ。

そんな中、ドイツベルリンの展示会で公開されたのがこちら。

NW-A100TPSの画像

こ、これは・・・。SONYのウォークマン好きなら知らねえ奴ァモグリだって言っても良い、初代ウォークマン「TPS-L2」じゃないか!

現代のデジタルミュージック再生機には完全に無頓着な僕でしたが、これはヤラレました。ウォークマン40周年記念ってことで、「TPS-L2」の再現モデルが限定発売されるんですね。

製品版のイメージ画像はこちら。本体は右側で、左のカバーを付けると「TPS-L2」風になるっていう仕様です。

NW-A100TPSの画像

この購買欲を駆り立てられる美しいデザイン、SONYの本気を感じさせます。

スポンサーリンク

カセットテープが再生!?

さらに、こちらの新型ウォークマン、音楽の再生中に粋な演出をしてくれるようです。その様子がこちら。

左は音楽の再生画面、右は通常のホーム画面です。

nw-a100tpsの再生画面

カセットテープが埋め込まれている・・・のではなく、音楽の再生中は画面に懐かしのカセットテープが映し出されるという仕様です。これにTPS-L2デザインのカバーを付けると、正に初代カセットウォークマンって訳です。

さらに、再生中の音楽の音質によって、9種類のカセットテープの画像が使い分けられるとのこと。

nw-a100tpsのカセットテープ一覧

ハイレゾでは、SONYの最高級カセットテープ「メタルマスター」の姿が拝めます。

nw-a100tps+メタルマスター

ちょっと素晴らし過ぎませんか、SONYさん・・・!

国内発売は未定

このウォークマンファンには悶絶物の「NW-A100TPS」ですが、欧州で2019年11月の発売をアナウンスされているものの、日本での発売はまだ未定です。価格は440ユーロ(約5万2000円)。

この最高すぎる商品が国内で発売されないはずがない!と思いますので、続報を待ちつつ、絶対入手したいですね。

SONYのこだわりと本気が詰まった「NW-A100TPS」のご紹介でした!