SONY WM-FX202を修理(電池液漏れ掃除)をしました。

僕は珍しいウォークマンを格安でゲットするのが目的で、近所のハードオフをしょっちゅう回っているんですが、また新たなブツをゲットしました!

今回手に入れたのが、こちらです。

2003年に発売した「WM-FX202」です!かなり綺麗なものですが、540円という破格で入手できました。

コイツはカセットプレーヤーの機能に加えて、AM,FMラジオと、1~12CHのテレビの音声(現在は地デジ化のため使用不可)を聴くことができます。


スポンサーリンク


修理開始!

このウォークマン、パッと見は問題なかったんですが、バッテリーカバーを外してみると、中が液漏れで真っ白になっていました。

今回はこの液漏れの掃除をするために、分解してみます。本体上部のネジ2つと、左右に1ずつあるネジをプラスドライバーで外すと、簡単にカバーが取れました。

基盤を止めているネジは、左上にある一つだけ。

中を覗いてみると、ベルトは全く問題がなさそうでした。ハンダ付が取れると面倒なので、今回はこのまま元に戻しました。

液漏れで汚れているスプリング部分を歯ブラシでゴシゴシ擦って、その他の汚れはアルコールでサッとふき取りました。

さて、これでどうだと電源を入れてみると・・・

無事に電源が入りましたー!もちろんカセットもラジオも問題なく聴くことができます。最高!

まとめ

今回は液漏れの掃除だけでしたが、この「WM-FX202」は構造が割と単純なので、ベルト交換も難しくなさそうですね。それにしてもコイツ、発売当初は3000円くらいの格安ウォークマンだったみたいなんですが、なかなか良い音鳴らしますよ。ボディも頑丈で使いやすく、カワイイやつだなあと思いました!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする