SONY WM-F75を修理できなかった件

このブログを見ていただければ分かると思うんですが、僕は近頃壊れたウォークマンを分解して、直してみることにハマっているんですが、今回はどうしても直せなかった一品を紹介します。

それがこちらの「SONY WM-F75」です。

1985年発売の、FMチューナー内蔵スポーツウォークマンです。オートリバース付きで、さらに防水規格らしいんですが、本当に水濡れ大丈夫なのかな・・・。


スポンサーリンク


修理を試みます

今回修理しようとした「WM-F75」は、モーター音はするものの、リールが回らない状態のものでした。おそらくベルトが外れているか、溶けてしまっているのだと思います。

ならばベルトを交換してやる!!っと思い、ボディをチェックしたところ、このウォークマン、周囲にネジがないんですよ・・・。

だとすると、表面から開けるものだと推測して、蓋を開けてみます。

こんな感じで複数ネジが付いていて、こっから開けるんじゃい!っとでも言いたげな風情です。

それで、このネジを全て外して、分解を試みたんですが、開かない・・・。何とかボディと隙間が空くくらいは持ちあがるんですが、それ以上、全く外れる気配がないんですよ。

ネット上で、この「WM-F75」の修理情報を探してみたんですが、さっぱりないんですよね。というわけで結局、修理できずじまいとなってしまいました。悲しい。

今後色んな情報を探しつつ、スキルアップしたらまたチャレンジしてみようと思います。詳しい方がいたら、教えていただけると幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする