SONY TCM-450 薄型ボディの高級カセットレコーダー!

今回は、SONYのカセットレコーダー、TCM-450をご紹介します!

SONY TCM-450

このTCM-450は、2004年に発売されました。最大の特長はやはり、この美しいフォルムです。カセットレコーダーと言えば、ボテっとした厚めのボディの物が多いですが、このTCM-450は従来のモデルより遥かに薄く、スタイリッシュなデザインとなっています。

SONY TCM-450

ボディはフルメタルとなっており、高級感を感じさせますね。

また、裏面にはモノラルスピーカーが付いており、そこそこ大きな音量でカセットを再生できます。

SONY TCM-450の裏面

本当に感心するほど無駄の無い作りで、完成度の高いプレーヤーだなあと思います

スポンサーリンク


TCM-450の特長、音質

SONY TCM-450の特長、音質

・450mW(モノラル)大出力&高音質再生
・大音量でも音割れが少ないはっきりボイス機能
・テープの録音時間の2倍の長時間録音が行える録音時間2倍モード搭載
・再生スピード調整機能

このTCM-450は、見た目だけでは無く、性能もなかなか優れています。音割れも少ないので、カラオケの録音などにも使いやすいです。2倍録音もありがたいですね。

再生機能は、過去のウォークマンなどと比べると劣りますが、他のカセットレコーダーと比べると、悪くない音質かなと思います。

ACアダプター

TCM-450の対応ACアダプターは、DC3V入力の「AC-E30L」です。

SONY AC-E30

単4電池2本でも使用可能で、アルカリ電池なら15時間ほど使えます。

まとめ

このTCM-450は、洗練されたデザインが本当に素晴らしく、カセットレコーダーの中で一番のビジュアルを誇ると言っても過言ではないと思います。さらに、機能面も優れているので、現在でも人気が高いのは、よく分かります。

非常に完成度の高い、おすすめカセットレコーダーです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする