SONY DISCMAN D-303のサウンドが素晴らしかった!

今回は、こちらのCDウォークマンをご紹介します。SONYのDISCMAN D-303です!

SONY DISCMAN D-303

重厚で無駄の無いデザインが素晴らしいですね。このD-303は、1990年に発売されたプレーヤーで、そこそこの上位機種だったようです。現在でも、本体だけで20000円前後の値段で取引されています。

今回入手したのは、箱は無いものの、付属品がほとんど揃っていて、動作確認済の美品。

SONY DISCMAN D-303の付属品

これで9720円、安定のハードオフクオリティ。

スポンサーリンク


主な特長

取扱説明書を見てみると、D-303の特長が書いてあります。

SONY D-303の主な特徴

近年発売されたCDウォークマンは大体「1bit DAC」だし、「リジューム機能」なんて、当たり前。「光デジタル出力端子」は、付いていない機種が多いけど、珍しいものってほどでもない。

それなのに、何でこんなに高価なんだろうなあってことで、他の機種と聞き比べてみました。

D-NE241と比べてみる

今回比較に使った機種は、こちらです。

SONY D-NE241

2010年に発売された「D-NE241」です。ソニーのCDウォークマンの中で、現行で一番最後の製品だと思います。こいつを使って、ニールヤングの「渚にて」を聴いてみました。

まずは「D-NE241」から。当たり前なんですが、普通に良い音がします。

その後「D-303」で聴いてみると・・・むむ、音がふくよかで、立体感があります。

比べてみると、「D-NE241」は音の粒子が少し荒いような印象ですが、こちらはきめ細かく音が詰まっているような感じがします。最大音量が大きめなのも良かったです。

まとめ

これまで色んなCDプレーヤーを使ってきましたが、この「D-303」は、本来あるような音を再現してくれるような、良い機種だと思いました。いいプレーヤーを使うと、テンション上がっちゃいます。こいつは生涯手放せない一品となりそうです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする