ましまろ「遠雷」 アナログレコード盤(LP)を聴いたよ

ましまろ「遠雷」 発売日 2016年6月22日

A面
1.遠雷

B面
1.海と肉まん
2.天国の扉

ましまろ、2ndシングル

2015年に結成された「ましまろ」の2枚目のシングルです。今のところ、1年に1枚ずつシングルとアルバムを出しています。

ましまろの曲は、ほとんど全てマーシーが曲を作っているんですが、クロマニヨンズと並行して活動していると考えると、ほんと、ものすごいペースですね。

マーシー色全開!

今回のシングルは全部で3曲入りなんですが、これがまた全曲素晴らしい!

表題曲になっている「遠雷」は、ボサノバっぽいリズムなんですが、曲はちょっとスパニッシュ風味もあって、ムーディな良い曲です。歌詞はマーシーらしく、シュールな感じ。真城さんの温かみのあるヴォーカルに、マーシーのコーラスが入るところが、たまらない!

そしてレコードを裏かえしてB面になると、一気にマーシーワールドになります!

「海と肉まん」は、海へ行くはずだったのに行けなかった男が、肉まんを食べて憂さを晴らす情景を歌った、ブルースナンバー。ダルダルの曲調とハーモニカ、マーシーの泥っぽいヴォーカルが超いい感じ。中森さんのクリアなギターも良い味出してます。それにしても、これは本当に「ド」が付くほどのブルースなんですが、今までのマーシーの曲に、有りそうで無かったなあと思います。

そして最後の「天国の扉」、これが本当に素晴らしい!ボブ・ディランの「Knockin’on Heaven’s Door」の日本語カバーです。ほぼ、ギター1本の弾き語りで、ハーモニカと歌の感じが相まって、20代中ごろのマーシーを彷彿とさせます。曲の途中、絶妙なところで、中森さんのスライドギターが入り、終盤に向かって真城さんのコーラスが盛り上げます。ましまろというバンドの底力を感じさせる、名演です。

めちゃくちゃ良かった

このシングル、たった3曲入りなんですが、個人的に超満足!の1枚でした。マーシーファンには、絶対に聴いて欲しい一枚ですね。特に「天国の扉」が本当に良いので、この曲のためだけに、ゲットしても良いくらいです。ましまろ、大好き!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする