AIWAのカセットプレーヤー「HS-RS250」の速度調整をしてみた!

今回は、こちらのカセットプレーヤーを紹介します。AIWAの「HS-RS250」です!

AIWA HS-RS250

のっぺりとしたボディと、「SUPER BASS」の文字が愛らしいですね。こいつは近所のハードオフで、超綺麗な状態で1620円だったので買ってみました。

付属品は、取扱説明書のみ。

AIWA HS-RS250の取扱説明書の表

一応、裏面も。

AIWA HS-RS250の取扱説明書の裏

このプレーヤー、動作確認済みということで購入したんですが、カセットを入れて再生してみると・・・再生速度が速いじゃねえか!w

スポンサーリンク


速度調整

というわけで、愛すべきハードオフのゆるい動作確認のおかげで、速度調整することになりましたwネットを見ても、分解している方はいなかったので、とりあえず裏面のネジを外します。外すのは、右上と左下のネジ、2つだけです。

AIWA HS-RS250の裏面

ネジを外すと、ボディが外れます。ちなみにボディはプラスチックのツメでバチンと止めるタイプなので、変に力を入れすぎると割れて、取り返しのつかないことになります。

AIWA HS-RS250のボディ

ボディを外すと、基板が登場。割と大雑把な作りですが、めちゃくちゃ細い導線もあったりして、油断はできません。モーターは右下にあったので、赤青の導線の下の小さな穴に極細ドライバーを入れて調整できるようです。

AIWA HS-RS250の基板

ここで気づきましたが、この穴に通じる穴が、ボディにもあったじゃないかwというわけで、元通りにして、極細ドライバーを差し込みました。

AIWA HS-RS250の速度調節

しばし調節して、無事正常な速度で再生できるようになりました!

まとめ

この「HS-RS250」は、それなりに安っぽい外見とは裏腹に、なかなか良い音でカセットを再生してくれました。ラジオ受信の感度も良く、さすがはアイワだなあと思いました。

オークションなどでは安価で買えるので、おすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする